海外

FXブローカーなら日本にもいろいろあるのに、なぜ海外ブローカー使うかというと、一部の海外ブローカーだけで享受できるメリットがあるから。税金面で国内の方が有利とか、金融庁ライセンス無いとか、怪しいとか、詐欺なんじゃないか?とか、そういった事を気にするなら、このサイトは真逆の内容なので、読まない方が良い。

高いレバレッジは危険か?確かに、リスクはある。しかし、実質的なリスクは、追証のあるなしで全く異なる。問題は、レバレッジをかけた状態で思わぬ方向にレートが動き、大きく証拠金割れした場合。そんなとき、日本のブローカーでは追証の入金を迫られるケースが多い。一方、海外ブローカーは、追証のないブローカーのほうが多い。

そして、数百倍レバレッジの恩恵を受けるには、国内では法人化しなければダメ。が、海外ブローカーなら、個人でも普通に数百倍のレバレッジを選択可能。少額からでも、成り上がりのチャンスがある。証拠金計算機

追証で借金

追証のあるブローカーで大きく負けると、資金が無くなるどころか、莫大な借金を背負わされることがある。たとえばスイスフランのユーロペッグ外しのとき、悲惨な目に遭ったトレーダーが多いと聞く。日本のブローカーには、急激なレート変動での証拠金のマイナスをトレーダーに負わせ、追証の入金を迫るところがあると聞く。どこかは敢えて書かないが…

トレードで最も恐ろしいものが、「追証」。信じられないかもしれないが、追証システムのせいで、相場で稼ぐつもりが、たった一夜のチャート変動で、一生奴隷労働しても払いきれない、たとえ破産宣告しても消えない、莫大な債務を抱えさせられる可能性がある!

レバ規制は投資家保護目的ではない

ある人は、スイスフラン・ペッグ外しの時、逆行した建玉のチャートを見て、気が動転、可愛がってた飼いネコがスリスリしてきたのをイラッときて思わず壁に投げつけたところ、死んでしまった。なんて話を見かけたことがあるが、追証によって、精神、肉体、その後の人生をボロボロにさせられ、再起不能に追い込まれる可能性がある!!

追証とは、ナイーブなアマチュアトレーダーから有り金を全部取り上げて企業利益にしようとする、無慈悲な時代遅れの恐ろしいシステム。本来、ブローカー自身のリスク管理として、すべてのポジションに対してカバー取引すべきところ、何故、ニッポンは未だに追証システムを放置しているのか?そこに、ニッポンの官民癒着マッチポンプ・情弱相手商売人根性のイヤラシサを感じる。

どういうことかといえば、日本において、ある企業が”呑み”で、高レバレッジのFXブローカーを運営していたとする。ある時、戦争やテロや恐慌や災害で、ボラが異常に高い相場が出現したとする。すると、一夜で億り人トレーダーが発生する一方、一夜で億借金”追証”トレーダーも、大量に発生する。すると呑みブローカー、億り人達に億の利益を支払わなければならないが、追証トレーダーの億借金が回収できず、ブローカー運営の回転資金を調達出来なくなると、倒産する。なので、ボラが高くなりそうだと、官庁が業界を守るため、レバレッジ規制しようとする。合理的に考えて、「レバ規制は投資家保護の目的ではない」というのが、明らか。

一方、海外の優良ブローカーでは、全てのポジションに対し、カバーを自動でかける仕組みを持っているし、証拠金を上回るマイナスが発生する際、自動で損失分をカットするシステムが備わっている。実際は、急なレート変動でも、0になる前に、一瞬で強制ロスカットされる。それが出来る環境を備えている。

投稿: 更新:2018/05/18 by

最近の投稿
上に戻りやす