オンラインカジノ情報

ピナクル(スポーツ・カジノ)レビュー

ピナクルスポーツ

プロ・ベッター御用達ブックメーカー。オッズが良いことで有名。カジノ、ライブカジノも併設。ガチの賭けサイトといった感じで、ボーナスなどは無い。キュラソーライセンス。

評価:40/50(40/50)

ピナクル公式サイト

アービトラージもオッケーの、珍しいブックメーカー。

呑み商売。ゲームルールにハウスエッジが組み込まれたカジノとは違い、賭場の外の情報を賭けの対象として参照するブックメーカーは、自社でオッズを決なければならない。オッズの決め方で、収益が大きく左右される。ブックメーカーがアービトラージを嫌うのは、長期で業界全体の収益が悪化するから。

ところがピナクルは、客にアービトラージをやってくれって言う。アービトラージで構わないから、どんどん賭けて利益を出してくれと。「勝つための戦略」(ベッテイング・リソース)まで公開してる。内容は、かなりマニアック。面白い。ベッティングリソース

解説されてる戦略(ケリー基準)の計算機を作った。

ケリー基準投資額&利率計算機

ピナクルは、マージン(ハウスエッジ)の低さでは、どこにも負けないと言う。ベッテイング・リソースで、マージンの計算機まで掲載してる。他のブックメーカーと比べてみろ、と。それでも利益になるのだから、よほどオッズの付け方に自信があるらしい。

オッズの小さな差異に目をつけて収益を狙うアービトラージでは、ベット上限の高さが重要。ピナクルでは、1回の賭けで1万ドルという、高額でのベットも可能。

賭けは、日本も含め、世界中のスポーツを扱う。Eスポーツもある。賭け方は、シングル、スプレッド、トータル、パーレー。

  • シングルはどっちが勝つかあるいは引き分けの賭け。
  • スプレッドはハンディキャップを付けた賭け。
  • トータルは試合の総得点数。
  • パーレーは複数の賭けを組んだ賭け。

まず、画面の上のタブでダイナミックライン(シングル)、パーレー、チームトータルどれかを選んでから、賭けのタイプ

スプレッドでハンディキャップ、マネーラインでシングルの賭け、トータルで総得点。選択して金額を打ち込んで、賭ける。

ただし、デメリットとして、ピナクルにはウィリアムヒルみたいなベットオプション、細かな結果への賭けは、無い。誰が何ゴールするとかいった、確率は低いがリターンの大きい賭けは、選べない。

カジノ、ライブカジノ

2018年から、ライブカジノとゲームが充実してきた。ライブカジノ

ライブがオススメ。Multislotや Global Gaming Labsなど、他の日本語化されたカジノでは珍しいゲームを遊べる。

入出金方法

入金・出金共に、エコペイズかビットコインで出来る。シンプル。

pinnacle

投稿: 更新:2018/09/23 by