チャート手法戦術

バイナリーのエントリー(トレンドライン)

バイナリー・オプションでやってたエントリー方法。大雑把な戦略だが、かなり前に書いた記事で、今は、バイナリー自体がオワコン。このブローカーの、この銘柄もやれなくなったので、今やるなら、FX。

ここでやることは、3つ。

  • レンジ相場の逆張り
  • 下降トレンドの戻り売り
  • 上昇トレンドの押し目買い

基本は逆張り。行き過ぎたところの、戻りを狙う。チャートが汚い、一定幅のジグザグで推移していないときは、先が想像できないんで、エントリーは見送る。コツは、よく引き付けてエントリーすることと、深追いしすぎないこと。

レンジ相場の逆張り

実際のチャート画面、5分足。

赤のラインで上下に値動きしながら、収束すると予想を立てる。レンジ相場の一種だろう。もう少し下値がありそうなので、969.74、970.69の2回、売りでエントリー。終了は30分後で、途中で利食い、損切りするつもり。

予想通り下げてきたので、下値で反発する前に利食い。

その後、やはり反発。

下降トレンドの戻り売り

スタート前。(5分足)

赤のラインで上値切り下げ。もう少し下値がありそうなので、951.91で売りエントリー。終了は30分後で、また途中で利食い、損切りするつもり。

予想通り下げてきたので、また下値で反発する前に利食い。

その後は、上昇。

上昇トレンドの押し目買い

スタート前。(5分足)

赤のラインで下値を切り上げ。上昇する可能性が高いと見て、とりあえずエントリー。終了は30分後で、またまた途中で利食い、損切りするつもり。

上げ渋り。クローズを15分後でなく30分後にしておいて正解。

上昇してきたので、クローズ時間まで放置。

51.42ドルのベットで、100ドルのペイアウト。

原理と戦略

こんな感じでやってたんですが、実際は、これだけの情報だと、かなり頼りない。もっと臨機応変に対応するには、なぜチャートはこのような動き方をするのか?を、理解する必要がある。ローソク足とチャート形状が出来上がる過程について、知っておく必要がある。

プライスアクション、ローソク足の出来るしくみ

値幅を意識した、より具体的な狙い方。

プライスアクション、ターゲットと狙い方

トレンドの見分け方。

トレンド認識、グランビルのエントリーポイント

xm

投稿: 更新:2016/03/13 by

最新記事の確認はコチラ