Category:FXチャート戦術

ヘボナッチで雇用統計ブレイクアウト(カベと値幅とエントリー)

チャート

ヘボナッチを使った雇用統計でのブレイクアウト狙いのやり方をレポートします。(2017年6月2日ユーロドル)

ヘボナッチとは?

カベ(サポレジ)と値幅の確認

まず、1時間足で5/29~6/2の週のユロドルの

カベと値動きの幅を確認

ユーロドル1時間足

縦の赤線が雇用統計時(21:30)のローソク足。

・・・このチャートはヘボ線だけではカベが分からない。ローソクがすべてのヘボ線の上で推移している。

そこでこの週の値動きのジグザグの頂点付近に着目する。下は1.1115から上は1.1255で140ピプス幅、中心に1.1185の抵抗があって、大まかには70ピプスづつの幅で推移。多少のブレはあるが、カベは切りの良い数字で捉えた方が分かりやすい。

さらに70ピプス幅の半分の1.1150と1.1220にも抵抗があるのが分かる。それぞれのカベに横線を置く。雇用統計直前は1.1220のライン直下あたりにいた。

チャートはランダムなように見えて、不思議と同じ幅で動くことが多い。みんな定規でもあててトレードしているのだろうか?

狙う値幅

は、今週動いた幅とそれ以前のカベから、35ピプス~最大70ピプスぐらいか、と予想してラインをコピペ。

次、

時間軸を変えて観測、エントリー

30分足に切り替え

ユーロドル30分足

ヘボ選が下側に2本あるので、そっちには抜けにくいだろうと推測。理由は移動平均は動的なサポレジの意味も兼ねるから。ヘボナッチでのカベの認識は、時間軸をいろいろ変えてみないと判断できない。

5分足

ユーロドル5分足

今日はほとんど動いていない。3本のヘボ線がローソク足付近にまとまっており、売り買いのエネルギーが拮抗していることが分かる。すぐ下側にも1本。ブレイクアウト狙いには最適な環境。

1分足

ユーロドル1分足

僕はエントリーと利確には1分足を使う。せっかちなのでローソク足形状を早く確認したいのと、1分足だと小さなカベも見えてくるので、エントリーの理由付けに使う。

雇用統計では指値・逆指値は使わず、ローソク足の動きを見て手動でエントリー。どっち行くかわからないギャンブル相場だから、ヘタに売り買い上下逆指値でストップロスを入れて放置すると時間差で往復ビンタを喰らうことがある。雇用統計なんてどうせ表向きの実態経済とはかけ離れたデータだし、みんな賭けの理由が欲しいだけなのだろう。

エントリーしたら上の35ピプスのラインを超えたところで跳ね返ってきたので、利確。雇用統計で一気に抜けたローソクは戻すのも早いので、戻りだしたら素早く決済。(ドテンしてみたが、この日は戻らなかった)

あと他通貨との関係とかローソク足形状の話がありますが、とりあえず今日のところは以上で。

ヘボナッチの記事はコチラ

xm

投稿: 更新:2017/06/05 by

MENU
MENU
上に戻りやす