ギャンブル攻略術

ブラックジャックの遊び方・攻略法

ブラックジャック

還元率が99.5%以上と高く、スキルで勝ち超すことも可能な、玄人好みのゲーム。それでいてルールは単純、あなたもすぐ遊べる。注意点は、カジノでボーナスをもらう場合、必ず条件を確認すること。条件で、ブラックジャックには使えないのがほとんどだから。

目次

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはディーラーとプレーヤーが対戦。配られたカードの合計が21を超えずに21に近づけた方が勝ち。

カードの数え方

  • エースは1又は11のどちらかの有利な数字としてカウント(オンラインでは自動計算)。
  • 2~10のカードはそのままカウント。
  • フェースカード(JQK)は全て10としてカウント。

ハンドの強弱

  • 最も強いハンドはブラックジャック。1枚がA(1または11)、もう1枚が10かフェースカードで「21」となる組み合わせ。
  • ブラックジャック以外は、エースカードが含まれるとソフトハンド、含まれないとハードハンドと呼ぶ。たとえばエースと8だとソフト19。
  • ブラックジャックが出なければ、カードの合計が21に近いハンドの勝ち。
  • カードの合計が21を超えてしまうと、バーストとして負け。

払い戻し

  • ブラックジャックで勝つと2.5倍。
  • それ以外のハンドは2倍。
  • 引き分け(プッシュ)は賭け金が返される。
  • 双方がバーストしたときはプレーヤーの負けでチップ没収。

ゲームの流れ

プレーヤーがチップを置き、ディーラーとプレーヤー双方にカードが2枚配られる。

ディーラーの1枚のカードは表向き、見ることが出来る。

そこであなたは以下からアクションを選択。

  • ヒット:カードをもう1枚引く。
  • スタンド:新たにカードを引かないこと。
  • ダブル:賭け金を倍にし、もう1枚カードを引く。勝てば賞金が2倍。
  • インシュアランス:ディーラーの表向きのカードがAのときの、保険をかけるベット。上限はベット額の半額。ディーラーにブラックジャックが来ていれば、最初のベット額は没収されるが、インシュアランスの2倍金額が支払われる。
  • スプリット:自分のカードがペア(同じ数)のとき、ハンドを2つに分割できる。分割したハンドにも最初のベットと同額のチップを置くことになる。

次にディーラーがカードを見せ、アクションを選択し、21に近かった方が勝ち。(ディーラーは通常17以上のハンドのときはヒットしない。後述)

勝てば配当を受け、負ければチップは没収。引き分け(プッシュ)の場合はチップが帰ってくる。

アレンジを加えたさまざまな種類のブラックジャックがある

ブラックジャックはルールを細かく変更した複数のゲームがあります。

  • ハンドを諦めてベットの半額を受けることが出来る「ブラックジャックサレンダー」
  • 複数のハンドで戦える「マルチハンドブラックジャック」
  • 2つのハンドで戦い1枚のカードを交互に入れ替える事が出来る「ブラックジャックスイッチ」

などなど。

ベーシックなゲームに慣れたら、好みに合ったゲームを探してみよう。

シンプルな攻略法

ブラックジャックで勝ち越す秘訣。いかに自分がバーストせずにディーラーにバーストしてもらうかという、地味な作戦。なぜなら、プレーヤーはヒット・スタンド・スプリットが自由にできる点は有利だが、双方がバーストすると負け、という不利なルールがある。いかに、自分のバーストを少なくし、ディーラーのバースト機会を増やすかが、このゲームで勝つための、エッジ。

インシュアランスは使わない。余分にチップ出して、どちらも取られる可能性があるので、賭けるだけムダ。

ハード12~16で、ディーラーにバーストしてもらう作戦。

ディーラーがバーストの例

ディーラーは、16以下では必ずヒットするから、ディーラー側に2~6のカードが見えてる場合で、あなたのカードが12以上ならスタンド(12未満ならヒット)。もっとも不利な2でも、10かフェースカードが続けて出れば、ディーラーは勝手にバーストしてくれる。

そして、あなたのハンドにエースが含まれる場合は、

手持ちハンドがソフト17までなら、必ずヒットすること!

次にどんなカードが来てもバーストすることがないし、ディーラーは17以上だとスタンドするから、21に近づけるチャンスに賭けた方が良い。

ある程度勝ち越したら、欲張らずに利益確定すること。ブラックジャックは、ドカッと大儲け出来るタイプのゲームではない。地味に勝ちを積み重ねる。

ジャックポットシティ

投稿: 更新:2017/06/03 by

最新記事の確認はコチラ