一攫千金も可能な、分散の激しいゲーム

スロット

スロットはオンラインカジノでは最も種類が多く、賞金獲得チャンスが最も高いゲーム。

運が良ければ、たまたまのワンスピンが高額賞金ゲットになることも。

投稿: 更新:2017/04/04 by

プレイするための基本知識

最近のスロットは色々な種類があり、個別で語りだすとややこしいので、とりあえず遊び方という事で一般論を話します。

ラインとコイン

スロットは左側からラインにそって図柄を揃えるゲームで、ベット額×揃った図柄の賞金倍率で賞金が来まる。よって右側から図柄が揃っても、賞金は出ない。
ラインは横・斜めの複数パターンがあり、機種によって選択できるものとできないものがある。

マックスベットとジャックポット

ベット額はコインサイズ×コイン数×ライン数で決まる。たとえばコインサイズを0.01ドルにしてコイン数10、25ラインに賭けると、1スピンのベット額は2.5ドル。コイン数とライン数を最大数で賭けるのを「マックスベット」と呼ぶ。

ジャックポットとは、スロットをプレイしながらジャンボ宝くじを買うようなもの。ベット額に宝くじの購入額が含まれるので、ジャックポット付きスロットでは「マックスベット」で賭けないと、ジャックポットの当選権が無い。

ボーナスゲーム

ワイルドとスキャッター、マルチプライヤー
「ワイルド」とはトランプゲームのジョーカーみたいなもので、全ての図柄のかわりになる万能柄。「スキャッター」は3つ以上集まると、ボーナスゲームに突入する合図となる。

ボーナスゲームはフリースピンとマルチプライヤーの組み合わせで構成されるのが基本。フリースピンはその名の通りタダで回せるという意味。マルチプライヤーは賞金額に倍数がかけられる。主にボーナスゲームの内容で、その機種が爆裂型なのか大人しいのかが判る。マイクロゲーミング系のカジノでは一覧表で性格から機種を選ぶことも出来る。

ボーナスゲームでは賞金倍率が通常とは異なる。マルチプライヤーに加えワイルド図柄が縦に拡張したり、ワイルドとマルチプライヤーが組み合わさった図柄が出るのもある。たとえば2倍×3倍×5倍で30倍と、通常ゲームとは極端に賞金額が異なる爆裂機種がある。

ギャンブル機能

ボーナスゲームの後に「ギャンブル」というのがあるが、ボーナスゲームで得た賞金を2択のくじに賭けると倍に増えるけど、どうしますか?というやつである。

情報画面とオートスピン

「情報」画面では、どんな絵柄が揃うと賞金が出るのかを知ることが出来る。

オートスピン

オンラインスロットは原則目押しが効かない。なので、自動スピン機能が搭載されている。回数を指定できるし、「幾らまで」とか「次の当たりまで」とか回数以外の条件で指定出来る機種もある。

スロットの攻略とボーナスの関係

オンラインスロットの攻略法

目押しの出来ないオンラインスロットに、スキルの介在余地は無い。
稼ぐための要素は「ベット額の大きさ」、そして「今は調子がいいぞ!」という流れを見極める「カン」である。調子が良ければ賭けるし、悪ければやめとく、という判断しか出来ない。

が、他のゲームでも攻略パターンを杓子定規に当てはめては勝負の流れに乗れないので、結局は経験に裏打ちされた「カン」の勝負である。スロットでは最初から「カン」の勝負というだけ。

ボーナスとの関係

オンラインカジノの初回入金にはボーナスが付き物。
資金量=チャンスのスロットでは使ったほうが有利だが、落とし穴もある。

最低賭け条件

とは、カジノの規約により、入金額とボーナス×何倍賭けるまで引き出し出来ない、という条件。もちろん、カジノ側としては引き出しに至るまでに賞金が溶けてしまうのに期待してのルールである。対策としては、爆裂型のスロットで大きく当てて、あとはコイン持ちの良い機種でやり過ごす、といった方法がある。

ここで注意しなければならないのが、ベット額に上限がかかるという点。金額を大きく変える変則的な賭け方にも制限がかかる。例えば1ドルでスピンさせていて、調子が良いからと30ドルで賭け始めるとアウト。ギャンブル機能を使うのもアウト。

規約はカジノの公式サイトにちっちゃい字で書かれているが、英語だったり意味が不明であれば、あらかじめサポートのお姉さんに聞いといた方が良い。

ゲーミングクラブ
最近の投稿
上に戻りやす