賭けのルールと攻略

ビデオポーカーの遊び方・攻略法

投稿: 更新:2016/03/29 by

ビデオポーカー

ビデオポーカーは、ポーカーゲームをスロットにしたもの。還元率が高く、スロットと違ってスキルの要素もあるし、対人の心理戦略が要らない点、ポーカーより気軽に遊べる。

目次

ビデオポーカーでのハンドの優劣

まず、暗記すべきもの。ハンド優劣のルール。内容は、カードのポーカーと同じ。

ハンド(役)の一覧

上から強い順。スーツ(ダイヤ・スペード・クラブ・ハート)どうしでのの強弱は、無い。

ロイヤルフラッシュ

ロイヤルフラッシュ

同スーツかつ最高ランクのカード5枚。

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ

同じスーツで連続した数字。

フォーカード

フォーカード

同じ数字のカード4枚が含まれる。

フルハウス

フルハウス

数字の同じカード3枚+数字の同じカード2枚。

フラッシュ

フラッシュ

5枚すべてが同じスーツのカード。

ストレート

ストレート

スーツは異なるが、5枚の数字が連続していること。Aは、(Kに続く)大きい数にも、(2に続く)小さい数としても有効。

スリーカード

スリーカード

同数字のカード3枚が含まれる。

ツーペア

ツーペア

同数字のカード2枚2組が含まれる。

ワンペア

ワンペア

同数字のカード2枚1組が含まれる。

カードランク

カードランク

カードの「数字」の強弱のこと。上の図では左から右へ向って、2が最弱でAが最強。

ジャック・オア・ベターの戦略

ビデオポーカーにはルールをアレンジした様々な種類があるが、ベーシックで遊びやすいのは、ジャック・オア・ベター。ジャックオアベター

ハンドの強さによって賞金倍率が決まっている。ただし配当を受けられる役は、J以上のワンペアから。pay table

戦略上、コインは常に、最大枚数5枚ベットする。ロイヤルフラッシュの配当が、コイン4枚までは4倍なのに対して、5枚では16倍の4,000倍賞金と、5枚ベットでだけ高額賞金を得られる。還元率は、マックスベットでは99.54%に対し、少ないコインでプレイする場合は98.37%と、不利。常にマックスベットで賭けること。

ホールドすべきカード

ビデオポーカーには、役を揃えやすいカードを残してくれる「自動ホールド機能」が付いている。しかし、そのままでベストな選択ではない。勝率を上げるためには、下の順位に従ってホールドする。

  1. フォーカード、ストレートフラッシュ、ロイヤルフラッシュ
  2. ロイヤルフラッシュのドロー(4枚)
  3. スリーカード、ストレート、フルハウス
  4. ストレートフラッシュのドロー(4枚)
  5. ツーペア
  6. ハイペア(JJ以上)
  7. ロイヤルフラッシュのドロー(3枚)
  8. フラッシュドロー(4枚)
  9. ローペア(1~10)
  10. ストレートのオープンエンドドロー
  11. 2枚の同スーツカード
  12. ストレートフラッシュドロー(3枚)
  13. スーツの揃っていないJ以上のカード2枚(2枚以上の時は、低い数字を優先して2枚)
  14. スーツの揃った 10とJ、10とQ、10とK
  15. J以上のカード1枚

ドローは役の完成にカードが足りない状態。たとえば10,J,Q,Kは、オープンエンドのストレートドロー(頭か後ろの、9かAが揃えば役の完成)。

上のルールに当てはまらない場合は、全てのカードをチェンジ。

ベラジョンカジノ
トップページ賭けのルールと攻略ビデオポーカーの遊び方・攻略法