ニュースレター2014

凱旋門賞2014優勝予想

投稿: 更新:2014/10/01 by

今年の凱旋門賞は日本調教馬が3頭出馬します。ジャスタウェイ牡5歳、ゴールドシップ牡5歳、ハープスター牝3歳。レースは2014年10月5日(日曜)の夜。

昨年オッズで一番人気だったオルフェーブルが2位、武豊騎手が乗ったキズナも4位と惜しい結果。今回は期待したいものですが、今年の結果を予想。

予想とオッズ

私の予想としてはタグルーダかエクト、応援ベットで日本馬に賭けるならゴールドシップが勝てる確率高いと思う。

理由は、過去データでは斥量で有利と言われる3歳馬の優勝が最も多いことと、体力に優る馬に有利だということです。ロンシャンは長い芝で難しいコースのうえ2,400mと長いので、直線でぶっちぎり出来る体力が必要でしょうから。

3歳馬のタグルーダは英オークス及びキングジョージで優勝していて、現在乗りに乗ってます。エクトも同じく3歳馬で9月14日にはロンシャンで行われたニエル賞で優勝し、2,400mコースは攻略済みなので、今回も良い走りを見せるでしょう。一方、アヴニールセルタンは2,400mコースでどうなのかは未だ分かっていませんし、無敗だった昨年覇者トレヴは最近優勝出来ていませんが、背中を痛めていたようです。

日本勢ではジャスタウェイが世界ランキングで1位ですが2,000m超えのコース、特にロンシャンのコースでは体力が最後まで持つかは疑問で、ハープスター号は3歳馬で斥量で有利ですが、こちらも長距離では未知数ですね。一方、ゴールドシップは3,000mコースの阪神競馬場で最強馬なので、期待したいと思います。

ただ今年は、昨年のキズナに乗った武豊騎手のように、ロンシャンのコースで優勝経験のある騎手が乗らないのですね。

と、つらつら書いておいて、私は高オッズ狙いでじゃじゃ馬チキータに賭けるのが面白いと思う。2013年の愛オークスで、勢い余って斜めに走りながら優勝した4歳馬。

10月1日現在のオッズ。

凱旋門賞オッズ-2014年10月1日ウィリアムヒル

参考:2013年のレース結果

  1. Treve(トレヴ) T・ジャルネ
  2. オルフェーヴル C・スミヨン
  3. Intello(アンテロ) O・ペリエ
  4. キズナ 武豊

・・・結局、予想は全て外れ。トレヴの2連覇に、ゴールドシップは日本調教馬中で3位。深読みで失敗。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 オンラインカジノ