詐欺メールにご注意!

ガーン

僕を含め、ギャンブラーやトレーダーはPCの前から動かない不健康な生活をしてるヤツが多いと思うので、今日は病気の話題。

最近、やたらと同じ情報商材を売り込む詐欺メールが届いてウザイのですが、

「命がけで私の遺産相続プロジェクトやります」

とかゆーやつ。
とある情報商材屋さん(業界ではけっこう有名、後がめんどくさいので、誰とは書かない)が

ステージ4のがんを診断されたんで、わたしの遺産を皆さんに分配します!

という触れ込み。

が、現金をくれるなんて都合の良い話では決してない。要は「オレの持ってる稼げるネタを売ってやるよ」って話。

プロダクトローンチ
という、よくあるセールス・パターンで、最初は無料登録で動画を見る。で、例外なく最後には高額商材をセールス。

それでも煽ったセールス以上に、商材の中身に価値があれば問題はない。煽って関心を惹かないと、真に必要な人がその情報を手に入れられない可能性もあるから。

が、こやつのをググってみると、時代遅れのダメダメ商品のようで、労働対価型の、単発で発展性のない、面白くもないモノだと想像がつく。

そもそも、ホントに「がん」なのか?

ステージ4のがんを宣告されたヤツがそんなことを考えてる余裕は無い!

これは身近にそうなった人間がいたので分かるのだが、例えばあなたが医者に「ステージ4のがん」と「余命1年」を宣告されたら

がーん!

と一気にパニック状態になり、とにかく生き延びよう、どうにか治そうとしか考えられない。

そんなワケのわからんモノを売り込んでる余裕など、無い。

かといって、薬飲んでも、死ぬときゃ死ぬ。

むしろ

下手に西洋医学に頼ってあがくとエラい目にあう

(この目で見た)

例えば抗がん剤はがん細胞も殺すが、同時に健康な細胞も大量に殺すのであって、体がボロボロになる。で、「がん」以外の死因で死ぬ。

未だに抗がん剤を使ってるのは日本ぐらいなもんで、アメリカじゃ抗がん剤は「プラシーボ効果」でしか効かない、というのを実証済みとか。(全ての薬品の70%は、プラシーボ効果)

もはや、医者がやる「余命宣告」なんてのは、僕にとっては「彼らが自ら設定する、稼ぎのための時間的ノルマ」としか思えない。

じゃあどうすればいいかというと、
いかなる病気でも、あなたの体が持つ自然治癒力に頼らないと治んない、というのはお医者さんに「ホントの事言ってよ!」と迫れば得られる回答であって

ステージ4のがんでも、ニンジンジュースを使ったデトックスで治った例がある

で、

自然治癒力をマックスに高めるには

PCの前から動かない不健康野郎でも病気を予防できる最新メソッド

暴飲暴食もオッケーで、これは副次的効果でジムに行かなくても、GACKTみたいなギリシャ彫刻のカラダになる(体験済)

ちなみに

ギリシャ彫刻は体がムキムキなのに、チンコが皮被りでちっこいのは何故か?

これは、シュメール粘土板の物語によると「神(エイリアン)とニンゲンの違いは、チンコに皮があるかないか」とある。(「エンキの失われた聖書」ゼカリア・シッチン)

ギリシャ彫刻の肉体は、神に創造された(生殖機能のない)初期型のニンゲンの姿なのかもしれない。
で、神の姿に近づくために宗教上の「割礼の儀式」が生まれた、と。

XM

投稿: 更新:2017/06/10 by

MENU
MENU

MENUTOP