ウォーレン・バフェット

米トランプの「ロケットマン帝国を完全に破壊してやる!」に対して北のキム兄は「史上最高の強硬対抗措置」と、感情コピーライティング合戦になってしまってる中、米国ダウは史上最高値を付け、日経平均は窓を開けたまま2万円台推移、これって戦争復興を織り込みだしたよね?と思う今日この頃。

バフェットさんは投資を控えてるようなので、いったん大きく下げる局面は来るんだろうけど。

ところで今上陛下が

投稿: 更新:2017/09/25 by

高麗神社(こまじんじゃ)に参拝

したことで、ネット上で「売国だー!」みたいに批判されてる。で、調べてみた。

高麗神社というのは、668年、唐と新羅の連合軍に滅ぼされた、高句麗の人々が帰化し、建立した神社。

昔の朝鮮半島情勢を無理やり単純化すると、百済というのが南にあって、日本と交流があり、その上に、新羅というのがあって、日本と対立し、いちばん北に、日本と交流のあった高句麗があった。

663年、白村江の戦いで、百済と日本の連合軍が、新羅に負けて滅ぶ。

その後は、

高句麗が、日本の防波堤役。

当時、高句麗は戦士が大柄で、めっぽう強かったらしい。(アジアっぽくないが・・・)

百済の戦士が高句麗に合流し、西の唐と南の新羅に挟まれて戦う。が、結局、668年に負けてしまった。

で、高句麗の人たちが「助けてくれないか!」と、日本にやってきて出来たのが、高麗神社。

その後、朝鮮半島は新羅が統一。次は、高麗が出来、元に服して、日本に攻め入る。

一方、高句麗の残党は、渤海を建国。日本と交流し、渤海が滅ぶと、金が起きて、金が元に滅ぼされて、清が起きて・・・清も日本かい!?

で、日本によって、満州国が作られた、と。

ちなみに、高句麗の言語は、朝鮮語よりも古代の日本語に近い、という研究結果があるらしい。

となると、今もあの辺で同じ構造が維持されてると推察すると、

今の北朝鮮って国はいったい何なの?

ということになる。

どうやら、敵対チームとのやらせ合戦の中、降りるに降りれなくなった後処理を、時代の変わり目の、今やってる、というのが実情。

国境超えてあちこちに敵対チームがまざりんこしたことにより、オモテ看板では正体を特定しにくく、事情がややこしくなってしまったのだ!

ホントの歴史は、学校で習う歴史とはまるで違う。

そもそも、あちこちの国の古代ストーリーが、ぜんぶシュメル神話に似ているというのはどういう意味か?

今起こってるのは、

近代ゴミ世界の全貌を、皆が深ーく理解するまで続けられる、なぞなぞだらけのパズルゲーム。

ゲームのピースは、代議士の浮気ネタとか、政治の裏金事件までが含まれる。

ゲームは、世界全体の意識レベルが、一定以上上がるまで、続けられる。クリアするまで、億兆単位の税をかけた、下らないゴシップが次々と、「これでもか!」と垂れ流されるだろう。

で、最終的に勝つのが、バフェットさんみたいな投資のやり方。

最終的には、これを国レベルでやるのが正解。

増税など、以ての外!

理屈=善、の、スタティックに嵌ったニッポンジン達は、表看板がエラそうなヤツ程、気付かんと思う。世界一、気付くのが遅いだろう。

xm
最近の投稿
上に戻りやす