Category:ニュースレター2017

とりあえず225先物にベット!

225

日経225が20,500円を上回り、さんざん待たされたバブルが始まったっぽい。
時期的にちょうど衆院総選挙で、2012年暮れを思い起こさせる。

株高のための選挙じゃねぇのか?

ジョンウン君とトランプの、オーバーなやり取りも胡散臭いし、
小池のオバちゃんはなぜ、今になって突然横から入ってきたのか?

やろうとしている事は、あべぴょんと大して変わんない。
自民党の後援でもよかろうに。
北から牽制が強まる中、あべぴょんが解散を決めたのも不自然。
演じる役割が決まってたんじゃないの?と思ってしまう。

そもそもニッポンの選挙なんぞ政治家の就職セレモニーに過ぎなかった

巷ではヤマトとか不正選挙とか騒がれてるが、それ以前の話。

副島隆彦さんの「余剰の時代」という本の、この図
ヨーロッパ法思想史略図
そもそも人類史を貫く政治思想の対立とは

人定法派 対 自然法派

である。

参照:政治家と官僚が考えた政策が必ず失敗する理由と原理

しかし、近代ニッポンの政治思想は自然法論しか存在しない。
その中で自然権派と人権派(リベラル)の2つに集まってるのであって、
憲法のこの条文ををどうのとか、細かい目くそ鼻くそレベルの違いしかない。
なので、一見意見の異なる民進の議員が踏み絵を踏んで希望に行っても、本人たちは目くそ鼻くその違いぐらいにしか思わないのだ。
どこ行っても自然法論。

今回は微分されたリベラルを分離し、潰そうとしてる気がする。
オバちゃんたちがやってるのは、分割統治と同じこと

参照:北朝鮮ミサイル怖い怖いで円高の真相(リバース弁証法)

しかも、政党が実際に選挙に勝って実務に移った時には官僚やら談合やら外圧やらの利権主導で政治が動くんで、実際にやれることも、目くそ鼻くそレベルしか違わない。
つまり

リバタリアニズムを掲げる政党が現れない限り、国民にとって選択の意味ある選挙には、ならん

税金かけた、芸人のサバイバルゲームを見せられるだけ。

相場は2012年のパターンをまた繰り返すのでは?

ドル円

ただし、今回は円安株高ではなく、円高株高に持ってゆくと考える。
カベを上抜けた日経平均に対して、ドルは円に対して113円前後でもたついている。
このままもたつけば、111円の串の磁力でドル安方向に。

今回は朝鮮戦争という「需要喚起」がある。
平成バブルのように需要期待があるときは、円高を伴う。

参考:ドルストレートのドル円がJPY/USDでない理由(為替の歴史から)

相場は先に思惑で動くから、選挙はキッカケにちょうど良い。
しかも戦争がらみだから、相当大きく動く

ギャンブルとして建てておくと面白いかも!

xm

投稿: 更新:2017/10/04 by

MENU
MENU
上に戻りやす