結局のところ、金融緩和のツケ

今のビットコイン価格、9,670USD。
日本円では100万超え、市場参加者も増え、ジンバブエで需要があるとか。

ジンバブエでのビットコイン価格が12,500ドル(140万円)を突破する

ビットコインが「地球人発祥のもと」の地まで行ったと思うと、感慨深い。
確かに、ジンバブエドルのレートの変動に比べれば、ビットコインは安定資産。

11月に入り、

投稿: 更新:2017/11/27 by

シカゴ・オプション取引所がビットコイン先物取引を年内導入?

のニュース。

Bitcoin Allure Too Much for CME, Which Now Eyes Futures Contract(ブルームバーグ)
最大規模の仮想通貨であるビットコインの魅力は、証券取引所を運営する米CMEグループにも無視できなかったようだ。
  CMEは31日、年末までにビットコイン先物を上場する計画だと発表した。CMEは1カ月前に同様の計画を却下したばかり。年初から価値がすでに6倍以上に膨らんでいるビットコインは、CMEの発表を受けて過去最高値を更新した。
  CMEの方針変更には、シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営するCBOEグローバル・ホールディングスの影響が大きかったもようだ。これに先立ちCBOEは今年、年内または2018年初めのビットコイン先物上場を目指すと発表し、米商品先物取引委員会(CFTC)の承認待ちとなっていた。
  設備が整ったデリバティブ(金融派生商品)市場に上場すれば、プロのトレーダーや機関投資家はマネーロンダリング(資金洗浄)や顧客確認(KYC)ルール違反のリスクがある不慣れな場での取引に関与することなく、ビットコインに内在する目覚ましいボラティリティーを活用することが可能になるかもしれない。

先物、と言われても「ホントかなぁ」という気がしないでもない。
ビットコインは原油や金のような「モノ」としての扱いなのだろうか?

上場すれば、さらに上昇が見込めるか?
しかし、個人的に先物と言えば「売り」のイメージがあるんだが・・・

このまま上昇するのか?

エリオット波動の上昇派、まだ終わってなかった!

今月頭、もうそろそろかなぁ、と思ったんだが、

ビットコインの使命、エリオット波動完成?これから起こる事

結局、押し目を作っただけ。

btcusd

900ドル刻みの、8,300ドルのカベから打ち上げて、今は10,000ドルの大台を窺う動き

・・・
キリがいいんだよね。1万ドル。

なぜビットコインが今年に入ってこんなに強いのか?

結局のところ、金融緩和のツケ、「貨幣」の価値が落ちてるんじゃね?
実質的インフレ、先に起きてるのが、暗号通貨。
とはいっても暗号通貨も通貨、次は別の市場に波が移る。
株や金、不動産。

ところで僕は
「そのうち暗号通貨でみんなFXやるようになるぞ!」
という予言を2015年に書いたのだけど

ポストモダンのススメ

予言というか、誰かに向かって
「こうやれ!」
と書いたんだが、その通りになってきた。

とはいっても、
今は暗号通貨で購入する「価値」と「価値を創り出す天才」が圧倒的に足りないのが現状。
使い道がないから、みんな値上がりを待ってる。

暗号通貨経済が回るには、商業圏が出来ないとダメなのだ。

しかし実現には多くの「規制」がブロック。
価値を創る天才が現れても、パテントやらなんやらの既得権からジャマされる。
「既得権」は「法」と結びついていて、頻繁な商取引に「税」も強力なブロック。

法と税は国家とイコールであるから、次は「国家イラネ!」というムーブメントが起こるはず。
とはいっても今はそんな動きは(日本では)見られない。
民を動かすには、相当なショックが必要。
なので、
来年には一般ピープルを(パンチ喰らわせて)目覚めさせるような出来事が起こるであろう!
と、オラは予言しとく。
誰かさんから「今日からジョーシキ180度変わるよ!」と言われると、オラは「ガッテンだ!」なのだが、世界には「大人の事情」があって、ゆっくりしか動かない。
迷惑な話。

ビットコインの暴落は年内か来年か分かんないが

先物で参加しなくても、勇気を持ってブローカーでビットコインを「売る」ことはできる

シンプルFX
最近の投稿
上に戻りやす