ニュースレター

バレンタインデーの意外な起源とイベント情報

投稿: 更新:2019/02/13 by
バッカス

明日はバレンタインデー。引き籠ってディスプレイばかり眺めてる私には縁がなさそうなので、起源を調べてみた。

目次

バレンタインデーの意外な起源

一般にバレンタインデーの起源はキリスト教の聖人の日とされる。ローマ時代、皇帝に迫害された聖ウァレンティヌス(269年ごろ?)殉教の日。しかし、男女交際に関する行事そのものの、実際の起源はまったく異なる。

ルペルカリア祭

古代ローマの神々である、結婚の女神ユノや豊穣の神マイアを崇拝する祭りである。

この祭りは現在のバレンタインデーの源流である。当初は、キリスト教からすれば異教の神々の祭りであり、現在のバレンタインデーのようなキリスト教色は全くなかった。しかし西暦5世紀、性的な乱れを助長するルペルカリア祭が若者の風紀を乱していることを憂慮した当時のローマ教皇ゲラシウス1世によりルペルカリア祭は廃止され、代わりにバレンタインデーが創設された。

偶然にも、以下のような伝説が存在した。すなわち、3世紀にローマにおいて結婚が禁止されたが(このような史実はない)、聖ウァレンティヌスは密かにある夫婦の結婚を司った罪で2月14日に斬首に処せられたというのである。

この伝説を基にしてルペルカリア祭に代わって、男女を結びつけるという特色を色濃く残しつつ異教徒にも受け入れられる形のキリスト教的な行事を創設した。これにより、キリスト教徒ではない異教徒の改宗をも目論んだものと考えられている。

ルペルカリア祭wiki

もとは14日ではなく15日。

ググって調べたルペルカリア祭の内容、

  • 独身男女が「くじ引き」で、祭りを一緒に過ごす異性のパートナーを決める。
  • 裸になった男が多産を祈願し、獣の皮で作ったムチで、女性を叩く。
  • 祭りで知り合った男女は、そのまま結婚してしまうことが多かったらしい。

といった、SM婚活祭りw。

コロラド大学ボルダー校の古典学者ノエル・レンスキ氏によると、ローマ帝国では毎年、男性が裸になり、多産を祈願して、ヤギや犬の皮でできたムチで未婚女性をたたくという騒々しい祭りが開かれていた。「ルペルカリア祭」というこの祭りは毎年2月15日に開催され、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が西暦313年にキリスト教を公認してからも150年ほど続き、5世紀まで広く行われていた。

「キリスト教徒がやめさせようとしても続いていたから、とても人気のある祭りだったに違いない。あきらめて開催を許可していたとも考えられるから、キリスト教の祝日だと言ってもかまわないだろう」とレンスキ氏は言う。

バレンタインデー:ルーツと愛の科学-NATIONAL GEOGLAPHIC

余程楽しかったのだろう。

シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」に、ルペルカリア祭での場面が出てくる。

シェイクスピア

For this was on seynt Volantynys day

Whan euery bryd comyth there to chese [choose] his make [mate].

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』の冒頭(第1幕第2場)に上記ルペルカリア祭の場面がある。ここでシーザーは占い師から「3月15日に気を付けろ」という不吉な警告を受けることになる。

バレンタインデーwiki

古代ローマでは3月15日(今でいうホワイト・デー?)にも、「Bacchanalia」と呼ばれる、破廉恥なお祭りが行われた。バッカスだから、「酔っ払い」の祭り。

The Bacchanalia were Roman festivals of Bacchus, the Greco-Roman god of wine, freedom, intoxication and ecstasy. They were based on the Greek Dionysia and the Dionysian mysteries, and probably arrived in Rome c. 200 BC via the Greek colonies in southern Italy, and from Etruria, Rome's northern neighbour. Like all mystery cults, the Bacchanalia were held in strict privacy, and initiates were bound to secrecy; what little is known of the cult and its rites derives from Greek and Roman literature, plays, statuary and paintings.[1]

Bacchanalia-wiki

奴隷や女性、無法者も一緒に楽しむ、酒とエクスタシーの乱痴気騒ぎ。無礼講祭り。紀元前200年ごろに、ギリシャのディオニュソスの祭りが、ローマに持ち込まれたのが始まりとされる。

ローマン・カトリック的偽善道徳を徹底的に批判した、フリードリッヒ・ニーチェが人類の理想とした、ディオニュソス。

ところでユーノーはギリシャの女神。

ユーノー(ラテン語: Juno、古典綴:Iūno)は、ローマ神話で女性の結婚生活を守護する女神で、主に結婚、出産を司る。また、女性の守護神であるため月とも関係がある[1]。主神ユーピテルの妻であり、ローマ最大の女神である[1]。神権を象徴する美しい王冠をかぶった荘厳な姿で描かれ、孔雀がその聖鳥。女性的気質の神格化である。ギリシア神話のヘーラーと同一視される。

古代ローマのユーノーの祭としては3月1日のマートローナーリア (Matronalia) や7月7日のノーナイ・カプロティーナイ (Nonae Caprotinae) があったが、現在では6月の女神として知られる。ヨーロッパの言語で6月を表す Giugno, Juin, June などはユーノーに由来する。また、「6月の花嫁(ジューン・ブライド)」は、6月に結婚することで花嫁にユーノーの加護を期待する風習である。

ユーノーwiki

日本の七夕祭りの日。ローマでは、7月7日に行われた「Caprotinia」。

The Caprotinia, or feasts of Juno Caprotina, were ancient Roman festivals which were celebrated on July 7, in favour of the female slaves. During this solemnity they ran about, beating themselves with their fists and with rods. None but women assisted in the sacrifices offered at this feast.[1][2]

Plutarch's Life of Numa and Life of Camillus offer two possible origins for this feast, or the famous Nonae Caprotinae or Poplifugium. Firstly—and, in Plutarch's opinion, most likely—it commemorates the mysterious disappearance of Romulus during a violent thunderstorm that interrupted an assembly in the Palus Caprae ("Goats' Marsh"). Secondly, it commemorates a Roman victory by Camillus over the Latins; according to a minor tradition, a Roman serving maid or slave dressed as a noblewomen and surrendered herself to the Latins as hostage; that night, she climbed a wild fig-tree (caprificus, literally "goat-fig") and gave the Romans a torchlight signal to attack.[3]

Caprotinia-wiki

奴隷の女性のための祭り。オトコたちはどつき合いのケンカをやって、女性が仲裁に入る。

イチジクの木に登った?よく分からない祭りだ。「Caprificus」という語はヤギとイチジクを意味する。また出た、ヤギ。

ところで世界中の女神の起源は、シュメルのイナンナ。女神ユーノーも女神マイアも、然り。

イナンナ(シュメール語: 𒀭𒈹、翻字: DINANNA、音声転写: Inanna)は、シュメール神話における金星、愛や美、戦い、豊穣の女神。別名イシュタル。ウルク文化期(紀元前4000年-紀元前3100年)からウルクの守護神として崇拝されていたことが知られている(エアンナ寺院に祭られていた)。シンボルは藁束と八芒星(もしくは十六芒星)。聖花はギンバイカ、聖獣はライオン。

イナンナのシュメール語の別名は「nin-edin」(エデンの女主人)、「Inanna-edin」(エデンのイナンナ)であった。彼女の夫であるドゥムジのシュメール語の別名は「mulu-edin」(エデンの主)であった。

イナンナwiki

「エデンのイナンナ」という呼び名。これが、後にエデン追放のイヴと蛇の話が、イナンナと邪悪な蛇マルドゥクの敵対関係の話とごっちゃになった原因か?イチジクは禁断の果実。

地球に初めてやって来て、蛇に遭遇したアラルが食べた野生の甘い果実も、イチジクなのか?

エンキの失われた聖書解読

ヤギといえば、シュメルのエンキを示す獣。

カプリコルヌス (Capricornus) は、ローマ神話の登場人物。名はラテン語で山羊 (caper) と角 (cornu) の合成語で、「角のある山羊」、つまり雄山羊を意味する。やぎ座に描かれているとされる。

ユーピテルとティターン神族との戦いでユーピテルに味方した。

ギリシア神話でやぎ座に描かれているとされるアイギパーンとしばしば混同される。アイギパーンがやぎ座に描かれる由来とされる神話についてはやぎ座#ギリシャ神話を参照。

また、メソポタミア神話に登場する神エンキを表す象徴である、山羊と魚が後に統合され、カプリコルヌスとなったとの向きもある(エンキ参照)。

カプリコルヌスwiki

シンボルとしてのヤギと女神。一緒に出てくるのが、エンキとイナンナの話。これがディオニュソスの起源と考えられる。

エンキとイナンナ

エンキは、女神イナンナに対しては、非家父長制的な側面を見せている。

ウルクのエアンナ寺院の若い女神イナンナにまつわる神話「エンキとイナンナ」によれば、あるとき、年老いたエリドゥの神エンキが訪れ、饗宴のもてなしを受けた。その宴においてエンキは、イナンナにビールをすすめて誘惑しようとしたが、彼女は純潔を守った。反対に、エンキは酔っ払ってしまった。そして彼は彼女に気前よく、文明生活の恵み「メー」をすべて与えてしまった。次の朝、二日酔い気分で、彼は召使のイシムード(英語版)にメーのありかをたずねたが、そのとき初めて彼はメーを失ったことを知った。彼は取り乱し、メーを取り戻すためにガラの悪魔を差し向けたが、イナンナはその追跡から逃がれ、ウルクの川岸に無事たどりついた。エンキはだまされたことを悟り、最終的に、ウルクとの永遠の講和を受け入れた。この神話は、太初において、政治的権威がエンキの都市エリドゥからイナンナの都市ウルクに移行するという事件を示唆していると考えられる。

エンキwiki

おっさんが若い娘を酔わせてエロい事をしようとして、逆に騙された話。

で、7月7日のお祭りの起源。ギリシャの女神群には配偶神が居る。日本の七夕の物語と、一応コンセプトが似ているのは興味深い。

イナンナといえば、聖なる結婚の儀式。好色にして絶倫のイナンナは、一夜を共にして生き抜いたオトコに対し、マルドゥクに謀殺された婚約者、ドゥムジ(タンムーズ)の復活として、王位を与えた。

神殿で何やってたんだか。

sacred marriage

Erotic terracotta votive plaque dating to the Old Babylonian Period (c. 1830 BC — c. 1531). Representations of this type were once interpreted as evidence for a "sacred marriage" ritual in which the king would take on the role of Dumuzid and engage in sexual intercourse with the priestess of Inanna.[27][36][28][37] This interpretation is now generally seen as a misinterpretation of Sumerian literary texts.[29]

Dumuzid-wiki

結論。バレンタインの起源は、破廉恥なお祭り。古代人も神々も、カトリック的な禁欲世界には生きてはいなかった。

イースターハロウィンに続き、毎度のオチ。女神ユーノーの祭り「バレンタイン」において、女性が男性にチョコレートを手渡す際の衣裳は、

イシュタルの像

女神イナンナを真似て、素っ裸かパンティのみ、それにヘルメットをかぶるのが、望ましい。

ベラジョンカジノの「ベランタイン大作戦」

開催期間は、2019年2月12日0:00から2月14日23:59まで! 今年のバレンタインにゲットできるのは、本命キャッシュ総額$10,000か、友チョコキャッシュ$2,000か、命運はあなた次第!?

しかもなんと、ベランタイン大作戦の参加資格を満たせば、キャッシュ$100が10名に当たる抽選会への参加資格もゲットできちゃいます♪

ベランタイン大作戦

フォレックステスターのバレンタイン・ディスカウント・セール

フォレックステスター3本体+基礎チャートデータのセットを、299ドルから199ドルの、100ドル値引きでセール中。2019年2月16日まで。

フォレックステスター

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 オンラインカジノ

最新記事の確認はコチラ