資金移動方法

電子マネーの比較と使い方

電子マネー

電子マネーは、国境を越えて資金移動、カジノやブローカーの入出金を素早く簡単に出来る、バーチャルお財布サービス。主に日本語環境で使える電子マネーのまとめ。2018年現在。

目次

使える電子マネーの一覧

手数料などは公式サイトで確認を。カジノはエコペイズが主流。日本の銀行振込が24時間対応になってからは、入金はローカル銀行入金が便利。出金もローカル銀行出金が使えるやつが便利。

Ecopayz(エコペイズ)

  • 多くのカジノで使える。
  • 日本語サポートあり。
  • 国内銀行振り込みあり(ローカル入金→Wire Pay)。出金にも使える(引き出し銀行を登録)。
  • ビットコイン入金がある(ローカル入金→Alternative Payments)。
  • 引き出しは銀行送金。居住国外の口座にも送れる(名義が登録者であること)。
  • マルチカレンシー口座。異なる通貨の口座を、追加で複数作れる。自分の口座間で一瞬で通貨交換できる。
  • 入金はユーロで処理される。為替手数料を余計に取られないよう、ユーロ口座を作っておくこと。
  • ローカル入出金は日本円アカウントを追加しておくこと。日本語での登録になる。

Ecopayz公式サイト

Venus Point(ヴィーナスポイント)

  • 多くの日本語対応カジノで使われる。
  • 登録がカンタン。
  • ポイントを貨幣に換金できるサービス。1ポイント1米ドル。
  • 日本語サポートあり。
  • 入金は、カジノからの引き出しだけ。最初にクレカでカジノへ入金した際の出金先に使う。
  • 引き出しは、国内銀行送金。手数料がお得。着金早い。

Venus Point公式サイト

i-wallet(アイウォレット)

  • 香港の企業。いくつかの日本語対応カジノで採用。
  • 日本語サポートあり。
  • マルチカレンシー口座。
  • カードを発行して貰える。ただし発行に20ドル。毎月1ドル維持手数料。クレカやATM引き出しに使える。
  • 入出金に便利。入金はカードか、国内銀行送金。引き出しはATMか国内銀行送金。
  • 180日間利用しないと20米ドルの休眠手数料がかかる。

i-wallet公式サイト

webanq(ウェバンク)

  • 少数のカジノで採用。
  • 日本語サポートあり。
  • 国内銀行送金で入出金可能。入金は、ウェバンク指定口座へ、ネットバンキングかATMから送金。
  • 引き出しは銀行口座へ送金。手数料が安く済む。

webanq公式サイト

bitwallet(ビットウォレット)

  • 日本語対応FXブローカーで採用される。
  • 米ドル、ユーロ、日本円のマルチカレンシー口座。ビットコインにも変換できる。
  • 入金はクレジットカード、ローカル銀行、暗号通貨各種。
  • 出金は国際銀行送金。

bitwallet公式サイト

Perfect Money(パーフェクトマネー)

  • 香港の企業。サイトは一応日本語表示。サポートは?
  • 一部FXブローカーとカジノで入出金に使える。
  • カード発行有。クレジットカードとしても使える。
  • 暗号通貨で入出金できる。パートナー換金サイトでPerfect Money変換、出金は逆。
  • ビットコインを保有出来るとあるが、預金機能のみ。アドレス宛出金はできない。

Perfect Money公式サイト

WebMoney(ウェブマネー)

  • 多くのカジノやブローカーが採用。日本語サポートはない。
  • マルチカレンシーで暗号通貨にも変換可能。
  • お知らせメールはロシア語。とりあえず英語に翻訳しないとさっぱり分からない。
  • 暗号通貨での入出金に対応。FinanceタブのCreate PurseでビットコインのPurseを作る。
  • パスポート(旅券)を使った認証を受ける必要がある。よって、パスポート所有が必須。
  • 自由度がかなり高いが、慣れるまで大変。

WebMoney公式サイト

登録、入出金手順、使い方の要点

電子マネーの登録で用意しておくもの

・オンラインバンキングできる銀行口座と・本人確認書面。クレジットカード(使うなら)。暗号通貨を使う場合は暗号通貨のウォレット

実際のお金の移動はKYC(know your customer、あんたの客を知っとけよ)書面の提出が必要。スマホで撮影してアップロードする。

  1. 顔写真付き本人確認書面1点:運転免許証かパスポート。
  2. 住所の確認できるもの1点:電気ガスなど公共料金の請求書(領収書)、住民票、銀行明細(ネットでダウンロードできる銀行もある)。
  3. 顔写真付き本人確認書面を自分の顔と一緒に撮影した画像。登録先によって要不要分かれる。

登録手順と入出金

  • 登録の個人情報は基本ローマ字入力。住所は後でKYC書面と一致させる。
  • お金を扱うには「アップグレード」と呼ばれるKYC送付が必要。画面の指示のとおり画像をアップロード。
  • エコペは通貨を変える際、追加口座が必要なので、入金する通貨の追加口座を作成しておく。
  • クレカで入金するにはカードの登録と認証が必要。信販会社の画面が開くので、発行元で登録したIDとパスワードで認証。
  • ローカル銀行で入金するには、電子マネーが指定する銀行口座へ送金。
  • ビットコイン入金は指定されたアドレスへ指定した数量どおり送金。数量を間違えると口座への反映が遅くなる。
  • プリペイドカードでの引き出しは、海外発行カード対応ATM(セブンやイオンなど)で引き出す。1回につき5万円・10万円の上限あり。
  • 銀行出金は、銀行口座を登録しておく。バンクトランスファーの要点

カジノやブローカーでの使い方

アカウント画面から対象の電子マネーを選択。アカウント番号(またはユーザーネーム)とパスワードの入力で電子マネーにログイン。金額を決めて、入金。

出金時は先に入金に使った電子マネーが登録されてるので選択し、金額を決めて、引き出し。

FBS

投稿: 更新:2018/01/01 by

最新記事の確認はコチラ