資金移動方法

資金の移動方法

全体像をまとめると、こんな感じ。オンラインカジノ、海外FXブローカーを使うときの資金移動の全体像

大概のサイトでは、ルートはいくつか選択可能。送る金額と回数、かかる手数料を考えて、選択する。

時間と手数料を考慮すると、何らかの電子マネーを介するのが主流。

クレジットカードやバーチャルカードは、法規制や会社の都合で取扱い停止する場合もある。(復活する場合もある)

最終引き出しは、電子マネーやブローカーからのバンクトランスファー(銀行送金)になることが多い。

バンクトランスファー(国際銀行送金)の要点

オンラインカジノでの扱い

  • カジノでの入出金は、エコペイズなどの電子マネーが主流。電子マネーは複数種類ある。カジノとは別途登録が必要。
  • 電子マネーの中には、国内銀行口座間で処理できるものもあり、手数料を節約できる。(ワイルドJで使われてるのとか、なんとかポイントなど)
  • 暗号通貨での入出金も普及は進んでいるが、まだ入金にしか使えないサイトもある。
  • クレジットカードは入金だけに使える。出金は電子マネー。
  • カジノから日本へのバンクトランスファーは、キャッシャーには表示はされるが、実際は使えない(たぶん銀行も扱いに困る)。いったん電子マネーに出金してから、銀行送金。

例:国内銀行送金→電子マネー→電子マネーでチップ購入→プレイ→電子マネーへ出金→国際銀行送金→着金

海外FXブローカーでの扱い

  • 入金はクレジットカードか国内銀行振込、電子マネー。
  • 暗号通貨入金に対応したブローカーもある。
  • 電子マネーはカジノと異なるものが主流(ビットウォレットなど)。
  • 最終引き出しは、バンクトランスファーが多い。
らっきーにっきー

投稿: 更新:2016/09/02 by

最新記事の確認はコチラ