黒幕の権力は、どこへ行った?

サム・ジアンカーナさん

今日は選挙日だけど日本の政党は、ぜーんぶ自然法論、おせっかい税収政策の、おっきな政府リベラル思想ばっかだから、選挙自体、選択肢なし、無意味。

そんな事より、興味深いのが、トランプさんの最近のツイート。

投稿: 更新:2017/10/22 by

オレは、永いことブロックされてた、ケネディ元大統領暗殺事件の資料を、開示するぜぇ~!



いよいよ真相が明らかになるのか??と話題に。

ケネディ元大統領暗殺事件とは?

ケネディ大統領暗殺事件wiki
1963年11月22日金曜日、現地時間12時30分にテキサス州を遊説中であった第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディがダラス市内のパレード中に銃撃され死亡した事件である。
犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、2日後にダラス警察署の中でジャック・ルビーに撃たれて殺され、裁判の場に立つことはなかった。そして後にウォーレン委員会の公式調査報告でオズワルドの単独犯行として大統領が後方から撃たれたとする結論に対して、数々の疑惑が出るなど、長年にわたって真相についての議論が続いている。陰謀説も多い事件として半世紀が過ぎた現在でも論議を呼んでいる。

この事件、
実行犯とされるオズワルドが供述しないまま死んでしまい、犯行に不自然な点も多いことから、憶測を呼んでる。
そのうえ、資料がヒミツにされちゃったもんだから、陰謀論では

  • 軍産とCIAが殺したとか
  • 宇宙人の秘密を知ってしまったから殺された

とか、イロイロな説があるが、

マフィアのボス、サム・ジアンカーナさんの暴露


サム・ジアンカーナwiki
サルヴァトーレ・"サム"・ジアンカーナ(Salvatore "Sam" Giancana、1908年6月15日(記録では5月24日)-1975年6月19日)は、シカゴのマフィア集団シカゴ・アウトフィットのボス(1957年-1966年)。アル・カポネの部下として頭角を現し、やがてシカゴを牛耳るボスとなる。本名はサルヴァトーレ・ジアンガーナ(Salvatore Giangana)で、出生後にGiancanaと改姓した。 "モモ"(Momo)、"モー"(Mo)、"ムーニー"(Mooney、「狂った」、という意味)、"Sam the Cigar"、"Sam Flood"などの渾名があった。
ケネディ家と古くから深いつながりを持っており、ジョン・F・ケネディの当選の陰の功労者であることが明らかになっているだけでなく、暗殺の黒幕の一人とも言われている。

1957年にジアンカーナはトニー・アッカルドの後を継いでシカゴ・アウトフィットのボスになった。この頃元ボスのポール・リッカとアッカルドはIRS(国税局)に目を付けられており、圧力をかけられていた。そのためアッカルドたちはジアンカーナに道を譲ったという。同年11月のアパラチン会議を境にFBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーが組織犯罪撲滅を本格化し、1959年にFBIがサム・ジアンカーナの本部に盗聴器を仕掛けたことでコミッションの存在がFBIや政府に明らかにされた。
1960年代に入り、かつて大統領選に協力したはずのジョン・F・ケネディ政権がマフィアに対する締め付けを強めた頃からは、世界規模のビジネスを進めるためメキシコで生活するようになる。それでもカルロ・ガンビーノ、サント・トラフィカンテ、マルセロ、ジョニー・ロッセーリたちとは連絡を取っており、ランスキーとは会議をしたりしていたという。しかし、世間には「引退したギャングの亡命生活」といわれていた。この頃ドミニカに賭博場を作ろうという計画があった。しかし関係を持っていた政治家の権力が落ちたため計画は失敗した。もし作っていたら莫大な利益を手にしていたという。
1965年5月に司法省は文書破棄罪でジアンカーナを告発する。ジアンカーナは証言を拒否したため、法廷侮辱罪でクック郡刑務所に拘禁された。その後、メキシコから国外退去処分を受ける。さらに胆嚢疾患を患うなど健康状態も良くなかった。
1966年にはサム・バッタグリア(英語版)にボスの座を譲り、シカゴに再び居を構える。この当時ジアンカーナがシカゴに帰ってきたことを良く思わないマフィアは多くいた。過去にジアンカーナが好き放題にやったことでFBIからの取り締まりが厳しくなり、投獄された大物もいたからである。

ケネディ家との関係
実業家で投資家でもあったジョセフ・P・ケネディとは禁酒法時代から関係があり、違法酒を扱っていたケネディとコステロとの仲が険悪になったとき、間をとりもったと言っている。
ジョセフ・P・ケネディの息子のジョン・F・ケネディの愛人のジュディス・キャンベル(英語版)(元々はフランク・シナトラの友人)は、ジアンカーナの情婦でもあり、キャンベルを通じてケネディは票集めの資金を彼のもとに運んでいたといわれている。キャンベルに「俺がいなかったらお前のボーイフレンドはホワイトハウスに進めなかっただろう」とケネディが大統領になった後に言った。ケネディ暗殺後に公開された資料によると、ホワイトハウスでの彼女との通話記録は70回を数え、2人っきりの食事が20回はあったという。
大統領戦の予備選ではケネディは選挙不正を行う過程でマフィアに対して借りを作ったため、ジアンカーナなどマフィアのボスたちは「ケネディが大統領になれば、アメリカを裏から操れる」という野望を持っていた。ジアンカーナは大統領選でもケネディの不正に手を貸した。イリノイ州の票を開票する保安官を買収してケネディを勝たせたという事実が明らかになっている。
その後大統領になったジョン・F・ケネディが、弟で司法長官のロバート・ケネディとともにマフィア封じ込め政策を展開するなど、「マフィアを裏切った」ときは相当落ち込んでいたが、しだいにそれは怒りに変わり、友人に「ジョセフ・P・ケネディは史上最大の悪党の一人だ」と言っていた。これらの事を受け、「ケネディ暗殺の黒幕」と言われることも多い。
弟のチャック他の著書によると、サムはチャックに、「ケネディを殺したのはマフィアとCIAだ」と言ったことがある。そのときの話によれば、「(ケネディと大統領戦で争った)リチャード・ニクソンやリンドン・ジョンソンも知っていたし、ダラス警察の幹部も関わっていた」と話していたというが、真実か否かは実証されていない上に、「自らの容疑をそらすための発言」と言われることもある。

暗殺
上院情報特別委員会に出頭するはずだったが、1975年6月19日にジアンカーナは自宅の地下室で暗殺された。後頭部を銃撃されており、さらに口の周りに6発弾丸が打ち込まれていた。マフィアの内部事情に詳しいものによれば、ジアンカーナの殺され方は典型的な「口封じ」を意味するマフィアスタイルの処刑方法であったとされる。
ジアンカーナの死については彼が儲けを組織の他のメンバーに分け与えるのを拒否したからだという意見や、権力を取り戻そうと計画したためコミッションの怒りを買ったとか、他にもCIAがケネディ暗殺事件の情報が漏れるのを恐れたために暗殺したという話もある。

このように、政界は、マフィアやヤクザの任侠世界と、密接な関係があった。
良くも悪くも、タテマエ善のスタティックな法解釈では解決できない問題の解決を、請け負う者が必要であった。

ヤクザが黒幕として権力をコントロールしたのは、戦後の日本も、同じ

日本で黒幕といえば、児玉誉士夫さん

児玉誉士夫wiki
児玉 誉士夫(こだま よしお、1911年(明治44年)2月18日 - 1984年(昭和59年)1月17日)は、日本の右翼運動家。CIAエージェントであったという。暴力団・錦政会顧問。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。1960年、生前葬を行う。河野一郎や大野伴睦といった大物政治家が児玉のための葬儀に集まり、焼香した[要出典]。三男はTBSサービス社長の児玉守弘。

右翼活動
最初社会主義に傾倒したが、その後超国家主義に転じ、玄洋社の頭山満に私淑した。1929年には赤尾敏と津久井龍雄ら高畠素之門下によって創設された急進的な右翼団体「建国会」(会長は上杉慎吉、顧問に頭山)に加わった。すぐに昭和天皇に直訴しようとして捕まる。この天皇直訴事件で半年投獄された。
その後、建国会を脱退した津久井の急進愛国党を経て1931年に津久井と狩野敏がつくった全日本愛国者共同闘争協議会に参加。そこで国会ビラ撒き事件や井上準之助蔵相脅迫事件を起こし投獄された。
1932年に釈放され、満州に渡り、大川周明門下の笠木良明ら率いる大雄峯会に参加。同年、帰国すると「独立青年社」を設立。頭山満の三男頭山秀三が主宰する天行会と共に、陸軍特別大演習に随行する斎藤首相や閣僚を暗殺し発電所を破壊して停電を起こすことで皇道派のクーデターを誘発しようと計画(天行会・独立青年者事件)。発覚して、3年半の懲役刑を受けた。その後、笹川良一が結成した右翼団体·国粋大衆党[注釈 5]に参加。
1937年、外務省情報部長河相達夫の知遇を得て、中国各地を視察[9]。1938年、海軍の嘱託となり、1941年から上海で児玉機関を運営し、それをきっかけに黒幕へのし上がっていく。

終戦と「逆コース」
終戦を迎えた翌日、1945年8月16日に児玉と懇意にしていた大西が遺書を残し割腹自決した。児玉誉士夫も急行し、駆けつけた児玉に「貴様がくれた刀が切れぬばかりにまた会えた。全てはその遺書に書いてある。厚木の小園に軽挙妄動は慎めと大西が言っていたと伝えてくれ。」と話した。児玉も自決しようとすると大西は「馬鹿もん、貴様が死んで糞の役に立つか。若いもんは生きるんだよ。生きて新しい日本を作れ。」といさめた。
終戦後、講和内閣の首班として東久邇宮稔彦王が組閣した時には東久邇宮自身は児玉を知らなかったが内閣参与となっていた。1946年初頭、A級戦犯の疑いで占領軍に逮捕され、巣鴨プリズンに送られた。その間、ジャパン・ロビーの暗躍により右翼をパージするSCAPの方針が批判され、アメリカの占領政策は協力的な戦犯を反共のために利用する「逆コース」を走るようになった。1948年12月24日に釈放されるが、そこでCIAに協力するようになったかが今でも議論されている。確かなのは、拘留中に昭和通商との関係を暴かれていたことと、釈放後も続く調査で吉田彦太郎が児玉機関の所有した国内鉱山を明らかにしていること[注釈 11]、そして後にCIAが、児玉を反共思想・軍閥構想の持ち主であると分析していること[注釈 13]である。この間に公職追放となった。

「フィクサー」へ
児玉は児玉機関が管理してきた旧海軍の在留資産をもって上海から引き上げていた。児玉は、巣鴨拘置所に共にいた辻嘉六に勧められて、1946年初頭、逮捕される直前に、この資金の一部を鳩山ブランドの日本民主党(鳩山民主党)の結党資金として提供した。
1950年、北炭夕張炭鉱の労組弾圧のため明楽組を組織して送り込んだ。G2と多くの暴力団の中心的仲介者としての地位を築き、十数年後には児玉は来たるべき闘争に備えて右翼の結集を目論んだ。暴力団との仲介には児玉機関にいた村岡健次が大きな役割を果たすことになる。

そんな児玉のおっちゃんの、立場が一転、徹底的に追い詰められる事件

ロッキード事件と児玉の関わりは、しばしばロッキード社または日本の政界という事件の帰着点ばかりが焦点化して報道・出版される傾向がある。しかし、ロッキード社が児玉へ秘密送金する窓口として、元OSS 員が社長だったディーク・ペレラ社を利用したという興味深い事実がある[15]。ディークは外国為替と貴金属取引に特化した企業であるが、21世紀に数件の訴訟を提起されている。その一方、今日ヨーロッパではHSBCやドイツ銀行がやはり外国為替と貴金属取引をめぐり不祥事を露呈している。

ロッキード社の秘密代理人
児玉はすでに1958年(昭和33年)からロッキード社の秘密代理人となり、日本政府に同社のF-104“スターファイター”戦闘機を選定させる工作をしていた。児玉が働きかけた政府側の人間は自民党の大野伴睦、河野一郎、岸信介らであった。1960年代末の契約が更新され、韓国も含まれるようになった。児玉は親しい仲にあった韓国の朴政権にロッキード社のジェット戦闘機を選定するよう働きかけていたのである。韓国に対する影響力の大きさが窺える。しかし、この頃、大野も河野も死亡しており、新しい総理大臣の佐藤栄作や田中角栄にはあまり影響力をもっていなかった。
そこで児玉は田中との共通の友人、小佐野賢治に頼るようになった。小佐野は日本航空や全日本空輸の大株主でもあり、ロッキード社製のジェット旅客機の売り込みでも影響力を発揮したが、すでに日本航空はマクドネル・ダグラス社製のDC-10型機の購入を決定していたこともあり、その矛先を全日空に向けた。
この頃深い関係を作り上げていた田中角栄が1972年(昭和47年)に首相になると児玉の工作は功を奏し、全日空はすでに決定していたマクドネル・ダグラスDC-10の購入計画を、後に贈賄で逮捕される元運輸次官の若狭得治社長の指示で破棄し、ロッキード社のL-1011トライスターの購入を決定[要出典]。その後全日空は同機種を21機購入し、この結果ロッキード社の日本での売上は拡大した。さらに全日空は、ロッキードから得た資金を自社の権益の拡大を図るべく航空族議員や運輸官僚への賄賂として使い、その後このことはロッキード事件に付随する全日空ルートとして追及されることとなった。
ロッキード社社長のアーチボルド・コーチャンが「児玉の役割はP-3C導入を政府関係者に働きかけることだった。児玉は次の大臣に誰がなりそうか教えてくれた。日本では大臣はすぐに代わるから特定の大臣と仲良くなっても無駄である。彼は私の国務省だった。」と調書で語っている。

・・・
事件が明るみになり、

「オレに対して、そんなことがあるものか!」

と、ショックで寝たきりになった児玉のおっちゃんを、

税務署と警視庁は、ロッキード社との商取引以外で得た13億6千万円の脱税容疑で訴える

豪邸を含む、全財産を強制差し押さえ
右翼団体からは、絶縁状が叩き付けられ、腹切りの勧告
果ては
右翼の若者が児玉邸に自家用機でカミカゼ特攻
容赦なく、とことん、エラい目にあわされる。
(デービッド・E・カプラン+アレックス・デュプロ著「ヤクザ」)

・・・
戦後、流れとしてCIAのスパイになってしまった児玉のおっちゃんは

「売国奴!」

と言われて仕方ないかもしれないが、スパイとしての実際の働きといえば

「1948年末、釈放された児玉は中央情報局(CIA)に協力するようになった」と後にアメリカでも報道された[要出典]という。しかし、1953年に記録され2005年に機密解除されたCIA文書で、児玉は次のように評されている。
諜報工作員としての価値は事実上ゼロ。職業的な嘘つき、ギャング、ペテン師、根っからの泥棒。……。実際の諜報工作技能は皆無であり、金儲け以外に関心がない。
Edward Drea, Greg Bradsher, Robert Hanyok, James Lide, Michael Petersen, and Daqing Yang, Researching Japanese War Crimes - Introductory Essays (2006), p208

・・・ぷぷぷ!

もう一人、
児玉のおっちゃんの先輩、

ニッポンの博徒の親分、笹川さん

笹川良一wiki
第二次世界大戦前の笹川は、自分を「大衆右翼」と位置づけベニート・ムッソリーニを崇拝、大衆運動の合法的組織化に力点を置いて国粋大衆党を結成。強硬外交を主張しつつ日本社会へのファシズムの浸透に注力したが、大東亜戦争(太平洋戦争)遂行には否定的であった。
第二次世界大戦後は、連合国によりA級戦犯容疑者の指定を受け巣鴨プリズンに3年間収監されるが、後に不起訴により釈放される。戦争に対して慎重であり、東條内閣の政策に反対の姿勢であったことが証明されたことなどから有罪認定はされていない。
なお巣鴨プリズンに収監された際には、詳細な日記を残している。巣鴨釈放後は、戦犯者とその家族の救援に尽力。巣鴨時代に書きためた日記や、戦犯者及びその家族との書簡は笹川の没後に公表された。
巣鴨プリズン出所後は、モーターボート競走法成立に尽力し、社団法人全国モーターボート競走会連合会(全モ連)の設立に関与。モーターボート競走の収益金で造船の振興をすすめ、更に福祉方面の公共事業を助成する財団法人日本船舶振興会(現:公益財団法人日本財団)を創設した。
株式取引に長け、姪婿にあたる糸山英太郎が中山製鋼所の仕手戦で苦境に陥った際には、糸山を援助して事態を乗り切ることに成功している。1974年(昭和49年)、アメリカのタイム誌のインタビューでは「私は世界で一番金持ちのファシストである」と答えている。
またマスコミからは、ファシスト、右翼、また政財界の黒幕として扱われ、「右翼のドン」と呼ばれた。CIAエージェントであったとも報じられている。また同時に「社会奉仕活動に熱心なお爺さん」というイメージを持たれる人物だが、その真相については様々な意見、論評があり定まっていない。また、後年に行った様々な慈善事業等や歴史学者による検証により、その功罪と評価は徐々にながら中和されつつある傾向がある。

A級戦犯容疑と「巣鴨日記」
笹川は、投獄初日の1945年12月11日から翌年11月まで獄中日記をつけていた。この日記には、巣鴨プリズンの様子やABC級戦犯達の人間像が克明に描かれている。また、日記には彼の信念、「日本が親米反共の道を選ぶべきこと」、「日本同胞を餓死から救わねばならぬこと」、「世界平和を確立させねばならぬこと」などが繰り返し書き付けられている。
この日記によると獄中の笹川は、東條英機に対して「あなたの死刑は確実だから、この戦争が自衛のためのものであったという日本の立場を明確にし、開戦の責任は天皇にはないとはっきり主張せよ」と説いている。また笹川は、獄中から戦犯の劣悪な待遇の改善を要求し、看守の迫害にも屈しなかった[注釈 3]。
一方で、この獄中に於いて同じA級戦犯容疑者として収監されていた政治家らとも知り合う。このことが日本のエスタブリッシュメント人脈との交流に繋がった。笹川は、巣鴨プリズンのことを「人生最高の大学」と評して、「ここは娑婆の二十倍、三十倍勉強になる」と語った。なお、戦前にも長期の獄中体験がある笹川は、その経験からひ弱なエリートであるA級戦犯たちを励まし、またその一方で獄内でA級戦犯の特権を認めない行動をとったことから、BC級戦犯たちの間でも絶大な人望があったという。

戦犯者救済活動
笹川は獄中にいる当時から戦犯の劣悪な待遇の改善を要求し、あるいは誤解により戦犯となってしまった人々の釈放を求めていたが、収監から3年後不起訴により釈放された後は、酒も煙草も断って戦犯者やその家族らへの支援および刑死者の慰霊に奔走した。海外で収監されていた戦犯者や「三国人」の戦犯者の救援にも力を注いでいる。戦犯者援護と慰霊のために設立された宗教法人白蓮社、および家族会である白菊遺族会にも物心両面の協力を続けたとされる。

社会奉仕活動
日本船舶振興会の活動により社会奉仕活動家として知られ、振興会の支援を通して、船舶・造船事業の振興、海運安全の推進、福祉・国際援助活動、各種武道・スポーツ団体への協力などさまざまな慈善事業を推し進めていった。
その代表的な例として、日本船舶振興会のテレビコマーシャルに自ら出演したことである。このCMでは、笹川が子供たちと「一日一善」の掛け声をする様子や社会奉仕活動の模様が紹介された。なお高見山(高見山の後援会長でもあった)、山本直純、子供たちと共に「一日一善」等のシーンは1975年(昭和50年)から会長を務めた財団法人日本防火協会(現・公益財団法人日本防火・防災協会)のCMにも使われた。なお、CM全体のイメージが日本船舶振興会のそれとほぼ共通であったため混同されがちである。ちなみに同協会でCMを流していたのは、笹川の在任期間とほぼ同じ1976年(昭和51年)から1994年(平成6年)までである。ちなみに1970年代後半頃はその「一日一善」のCMは曜日ごとに内容が変わる“曜日変わりバージョン”も存在した。この時期に小中学生であった者にとって、笹川良一は「一日一善」若しくは「『戸締まり用心、火の用心』のおじいさん」として認識されていた。

タブーと親交
1960年代から1990年代の各週刊誌などで批判的言説を受けていたにもかかわらず、笹川に批判的な左翼マスコミからは生前、「新聞やテレビ、雑誌などのマスメディアで『大物右翼』と呼ばれた笹川良一に関する批判的言説を発表することは、ある種のタブーとなっていた」と言われてきた。
しかし、笹川は有名税とばかりに意に介さず「大木は風当たりが強い、との例えどおり、実力のうえにおいて、私のマネができないからヤキモチを焼いているのだ。女のヤキモチより男のヤキモチのほうが強いのだから、これはある意味でやむをえない」と片付けてしまっている。

遺産
生前の「世の為、人の為になる事に全財産を使ってしまふ考へでゐる」という言葉どおり資産の多くを社会事業につぎ込んで、笹川は1995年(平成7年)7月18日、聖路加国際病院で急性心不全のため死去。享年96。税務署査定による遺産総額は約53億4千万円、ただしほとんどが自宅、山林、非上場会社の株など、換金しづらいものばかりであり、換金できそうな美術品などの類は偽物が多かったと言われている。これに対して借入金は約37億5千万円、差し引きすると遺産は約15億9千万円。その相続税は約7億5千万円にのぼり、長男と次男は相続を放棄。唯一財産を相続した三男の笹川陽平は莫大な負債も同時に相続した為、その返済に苦労することになった。

・・・
このような、日米のヤクザの大親分さんたち

評価は分かれるだろうが、人間的な魅力を感じる

しかし、もはや暴対法で、取り締まられる時代。
かつての任侠のイメージもない。

かつてヤクザの黒幕が握ってた権力は、どこへ移ったのか?

ニッポンではロッキード事件が、権力移動の、大きな転機。
黒幕を潰した勢力といえば
・・・

ポリコレだのコンプラだのフェイクニュースだの、税金取り上げて、めんどくさい、退屈な、面白くない、手続と規制ばっかり作る奴らのところへ、その権力が移っちまったんだろうねぇ

参照@ラスベガスのカジノで銃撃事件、黒幕のキーワードは「権威」

世の中、複雑になり過ぎた、オレは昔、問題は何でも、拳ひとつで解決したもんだ
(サム・ジアンカーナ談)

拳ひとつで問題を解決する戦闘力(ここをクリック)

さて、トランプさんによって、暴露されるのか??
ジャックポットシティカジノ
最近の投稿
上に戻りやす