Principles

ヒトが金(ゴールド)に価値を求めたホントの理由

金

近いうち金融危機が本格化、安全資産として金の値段が相対的に上がってゆくでしょう。紙幣が紙切れになったとき、金を安く買い込んでいったあなたは、ニンマリ。

しかしなぜ金はそれほど価値あるものなのか?誰もこの歴史問題に合理的答えを出せていない。金相場の暴騰を前に、僕は敢えてあなたが興醒めする話をしておきます。(実は暴落。

金(ゴールド)といえば、古くから貨幣の価値の裏付け。電子部品には欠かせないし、その希少性から、価値の裏付けとすればインフレを招きにくい。一般ピープルは、そういった説明で「なるほどなぁ!」と思ってしまう。

が、あなたの周りの良識ある大人に「そもそも、なぜ古代の人達は金を欲しがるようになったの?」という根源的な問いをしても、「昔からそういうものなのだ!」という回答しか返ってこない。・・・納得ゆかないですよね?

目次

金は古代人にとって全く役に立たないもの

人類発祥古代文明、シュメル、エジプト、インダス、マヤ、アステカ、あらゆる古代都市で、金は貴重なものとされた。最も早くから加工技術が発展した金属が、「金」。

ところが、

古代人にとって「金」という物質は、柔らかすぎて、まったく役に立たない!

金で武器を作る。

  • ヤリを作って「エィッ!」と攻撃したとし、もし的を外して石の柱にでもぶつけると、「ぐにゃ」となる。
  • 剣を作っても、戦いで剣と剣が「カチーン」となると、「ぐにゃ」と曲がる。
  • 戦車を作っても、走り出したとたん、車体が「ぐにゃ」と歪んでしまう。
  • 器を作るにしても、わざわざ希少な金を探さなくても、焼き物や、木を彫ったもので、十分用が足せる。

今のような食料大量生産技術のない時代に、時間と労力かけてそんな役に立たない光る石を探す余裕は、ない。森や海に行って食べもの探した方が、よっぽど豊かな生活が出来る。そんな時代、なぜニンゲンは敢えて金を手に入れようとしたのかというと、

死活問題として金が必要だった者たち

古代シュメルの粘土板に残された、主エンキの御言葉と呼ばれる、物語がある。

考古学者が解読した物語を、端折って説明すると、

太陽系の一番外側に、「ニビル」という星が存在する。

つまり、太陽、水、金、地、火、木、土、天、海、冥、ニビル。ニビルには、人間に似た知的生命体がいた。

ニビルという名は”交差点”という意味、二ビルは3,600年周期で、太陽の周りを大きく、細長い楕円軌道で、周回する。ニビルは太陽に近づくと熱で焼かれ、離れると寒さに襲われた。ニビルで人間が生きることが出来たのは、地球よりも分厚い、大気圏シールドで守られていたから。

ところが、突然の気候変動。大気圏シールドに穴が空きはじめた(電離層の故障と思われる)。

生き死にに関わるこの問題の解決策を、科学者たちが研究した結果、補修する方法が見つかった。分子レベルまで最も細かく粉砕できる、ある電導物質。それを空に散布し、穴を塞ぐ事ができる。その物質こそ、「金」。しかし、ニビルに金は無い。

彼らはニビルに伝わる太陽系伝説から、太陽系(外側から数えて)7番目の惑星「キ」(地球)に、金が大量にあると考えた。

エイリアンたちは金を求め、地球にやってきた。

最初はエイリアンたちが自ら鉱山で金を掘る。が、あまりの重労働に、労働者たちが暴動を起こす。

二ビル王アヌの長男で科学者のエンキは、皆に解決策を提案した。アブズ(アフリカ南部)の地で見つけた、二足歩行のサル。これに、ニビル星人の遺伝子をかけあわせ、原始的労働者を創ろうと。そうして創られたのが、ニンゲン初期型、原始的労働者。

原始的労働者たちはエイリアンのため、黙々と金を採掘した。が、初期型ニンゲンは、世代を経てゆくと、サルに先祖返り。知能が低下し、次々と勝手に野生に戻っていった。

ある日、エンキは問題の解決策を考えながら散歩していた。すると、水辺で2人の、美しい人間娘ハッケン!

娘たちを見て欲望を抑えきれなくなったエンキは、2人の娘を次々とナンパ、その場で中出し。

10か月後、2人の娘はそれぞれ男の子と女の子を出産。エンキの部下が2人を葦のカゴに入れて連れて帰り、皆で育てた。この事件により、ニビル星人のような知性を持つ、文明化した人類誕生。

その後、文明化した人類は増殖。二ビル星人は「神」として、ニンゲンたちを教育し、複数の都市国家を運営。人類とエイリアンの自然交配は、その後もたびたび起こる。

・・・

何が言いたいかというと、

金を必要としたのはニンゲンではなく、むかしむかし、ニンゲンが神と崇めたエイリアンたちである、ということ。

「神」であるエイリアンが金を必要としているのを見て、ニンゲンも、金が価値のあるものだと思った。

金は、地球に住むニンゲンには、本来必要のないものなのでした!このように、誰も敢えて問おうとしない物事の根源的理由って、常識から外れた意外なものなので~す!

xm

投稿: 更新:2017/03/19 by

最新記事の確認はコチラ